様々な入社試験

様々な入社試験

入社試験には、面接が付き物と言えます。しかし、就活していると分かりますが、筆記試験を行う企業がほとんどです。

 

本当に企業にふさわしいかどうかは、学力テストだけで判断することが難しく、筆記試験でふるいにかける方法も採られています。また、就活中の希望人数が膨大になってしまえば、満足に面接できないという事態にもなりかねません。面接で確認できなかった能力を試す意味でも、筆記試験が行われているのです。

 

筆記試験の合格ラインは、各企業が独自に設けています。それぞれ、最低点以上の結果が得られれば合格ということになります。なので、必死になって対策するほどでもなさそうです。

 

当然、この最低的を割ってしまえば、その時点で内定が決まることはないと考えられます。いくら、学生時代の成績が良かったとは言え、最低点が取れなければ就活が台無しになってしまいます。全く学力が考慮されない訳ではありませんが、群を抜いていないと不合格の分を補うことはできないでしょう。

 

そして筆記試験は、面接の前に行われることがほとんどなので、まずこれに合格することが内定への第一歩ということになります。確かに、学歴も少なからず考慮されるようですが、筆記試験で不合格になってしまえば先に進むことができないのです。

 

就活での筆記試験は、基礎問題がほとんどで、そこまで高度な問題が出題されることはありません。しかし、企業によっては、発想力や考え方などに繋がる問題を出題するところもあるようです。

 

筆記試験は簡単だと軽視せずに、過去問題を調べておくのも就活のひとつではないでしょうか。

アドセンス広告