いつから就活すれば良いのか

いつから就活すれば良いのか

就活は、大卒や高卒などでそれぞれ適した時期というものがあります。これは、学校によって時期のずれがありますが、早過ぎても遅過ぎても良くありません。

 

ほとんどの場合は、4月から入社することになりますが、1月頃から就活を始めていては遅過ぎるのです。その前の年の7月や8月あたりから始めるのが一般的で、10月から本格的にスタートさせるのが理想と言えます。

 

また、10月は、就職サイトに登録する就活者が増える時期でもあります。就職サイトは、就活にとても便利なものですが、そこに載っていない企業を探すのも大切なことです。

 

そのためにも、自分から率先してあらゆる情報を見つけ出さなければならないのです。就職サイトの情報だけでなく、企業サイトのリクルートページなども確認する必要があるのではないでしょうか。企業サイトで募集していることが分かれば、早めに問い合わせておくことも就活する上では重要です。

 

目ぼしい企業が見つかったら、年内を目標に資料請求を終わらせておくべきでしょう。就活は、早めのアクションが良い結果を生み出すので、しっかりとスケジュールを立てて行動することが重要です。

 

自分一人だけが就活をしている訳ではなく、たくさんの人が就職を希望しています。この意味からしても、他人と差をつける努力も忘れないようにしたいものです。

 

周囲の状況を見て就活の時期を決めても良いのですが、これだと他人と差をつけることが難しくなってしまいます。

アドセンス広告