就活に資格が武器になるのか

就活に資格が武器になるのか

資格を取得しておくと、職業の幅が広がると言われています。しかし、いくら就職のためとは言え、就活している最中に資格取得を目指すのは懸命ではありません。資格によっては、取得までに時間がかかるものもあり、企業にそれをアピールできなくなってしまう恐れがあるからです。

 

在学中に資格を取得しておけば、就活の武器になるのは言うまでもありません。しかし、その資格が企業で本当に生かせるのかを考えておくべきではないでしょうか。

 

就活自体は、資格がなくても進めることは可能です。資格がないことで、ひとつの武器を減らしてしまいますが、その場合は自分をアピールすることで穴埋めしなければなりません。

 

資格にも簡単なものから難しいものまで様々ですが、今までその資格をどのように生かしてきたかをチェックする企業もあります。単純に資格を持っているだけで、実際に使う機会が少ないと能力に乏しい印象を与えてしまうことにもなりかねません。

 

企業側は、資格をいかに生かせてきたかを重視するところがほとんどです。この意味でも、就活中に資格取得を目指しても高く評価されることはまずないでしょう。

 

資格を生かしてきた場合は、どのような経験したのかを細かく説明できるようにしておくと自己アピールにとても有利になります。バイトでの経験は、意外と忘れがちなので、就活を機に振り返ってみることも大切なことです。

 

また、学校によっては資格取得ができる場合もあるので、一度確認しておくと良いでしょう。

アドセンス広告