就活で重要な電話のマナー

就活で重要な電話のマナー

就活では、企業に電話をかける機会が多くなります。採用に関するちょっとした問い合わせで、企業に電話をかける場合も面接しているのと同じと考えておいた方が良いでしょう。なので、就活における企業へ電話は、しっかりとしたマナーが求められるのです。

 

就活で企業に電話をする場合は、まず時間帯に配慮するようにしましょう。企業は、時間帯によって忙しいタイミングがあるので、その時間を避けて電話をかけるのが就活のマナーです。始業直後や休憩時間、終業間際は立て込んでいることが多いので、対応しづらいことが多いのです。

 

また、企業は仕事を行う上で、電話が多く使われています。忙しい中で電話に出て貰っていることをしっかり理解しておかなければなりません。かかってくる電話は、就活者だけではないので、話す内容を事前にまとめておくとスムーズではないでしょうか。

 

相手が電話に出たら、学校名から始めてはっきりと名乗ります。そして、手短かに用件を伝えて採用担当者に代わってもらうようにしましょう。その際には、「ご担当者様はいらっしゃいますでしょうか」などと話すことが大切です。

 

企業の中には、就活者のために採用専用の電話を設けている場合もありますが、ほとんどは代表の電話にかけることになります。採用担当の人に取り次がなければならないので、何の目的で電話しているのかを明確に伝えなければなりません。

 

資料請求だけでまだ就職する意思がない場合でも、マナーを守った電話のかけ方が要求されるのです。

アドセンス広告