企業に送るメールの注意点

企業に送るメールの注意点

就活では、メールを利用する機会が多くなります。それは、就活者同士の間だけでなく、企業に送らなければならないメールも含まれます。特に、企業に送るメールに関しては、マナーの遵守が要求されるので、しっかりと把握しておかなければなりません。

 

就活で企業にメールを送る機会には、会社説明会の御礼状や資料請求をする時などがあります。メールは、入社後にも良く使うものなので、いかに優れた文面であるかをチェックしている企業も多くあるようです。なので、たとえ資料請求の段階でもマナーに配慮したメールを送る必要があるでしょう。

 

就活でのメール作成で意外と忘れがちなのが件名への入力です。何も入力せずに送ってしまうのは論外ですが、どのような内容かがひと目で分かるような件名でなければなりません。友人同士では、件名がなくても何の問題もありませんが、企業側に失礼のないように簡潔なものを書いておくようにしましょう。

 

また、就活のメールで意外と多いのが顔文字を使うケースです。これは、就活において非常識なことで知られていますが、いつもの癖で入力してしまう人もいるようです。

 

そして、なるべく特殊文字を使わないことも大切です。メールの場合は、自分が読める特殊文字であっても、受信側で読めないことが多くあります。これは、半角カタカナでも同じことが言えるので使わないようにしましょう。

 

メールを企業に送る前は、正しい文章が使われているかもチェックしておくことが大切です。できれば、自分以外の人でチェックできる人がいれば頼んでみると良いでしょう。

アドセンス広告